へ-から始まる四字熟語一覧

へ-四字熟語






弊衣破帽(へいいはぼう)ボロボロの服と帽子で、身なりに構わない様子。
平穏無事(へいおんぶじ)変わったことも、心配事もなく、穏やかなさな。
並駕斉駆(へいがせいく)地位・能力などに差がないこと。
閉口頓首(へいこうとんしゅ)困り切ってどうしょうもないさま。お手上げの状態。
閉月羞花(へいげつしゅうか)月が隠れ、花が恥じらうほど美しい女性のこと。
閉戸先生(へいこせんせい)年中、戸を閉めて読書にふける人。
平沙万里(へいさばんり)「平沙」は平らで広い砂原の意で、広大な砂漠のことをいう。
秉燭夜遊(へいしょくやゆう)人生は短くはかないものなので、夜も灯りをともして遊び、人生を楽しもうということ。
平身低頭(へいしんていとう)身を低くし頭を下げて恐れ入ること。恐縮してひたすら謝ること。対義語:傲岸不遜(ごうがんふそん)
萍水相逢(へいすいそうほう)浮き草と水とが出会うように、人と人とが偶然知り合いになること。
弊帚千金(へいそうせんきん)身の程を知らないで思いあがること。
平談俗語(へいだんぞくご)日常会話で使われるごく普通の言葉。
瓶墜簪折(へいついしんせつ)男女が離ればなれになって二度と会えないこと。
平平凡凡(へいへいぼんぼん)何の特徴も変わった点もなく、平凡であること。
汨羅之鬼(べきらのき)水死人のこと。
霹靂閃電(へきれきせんでん)勢いがあって素早いこと。
変幻自在(へんげんじざい)思いのままに自由に変化すること。
片言隻句(へんげんせきく)わずかな言葉。ふたことみこと。類義語:片言隻語(へんげんせきご)、片言隻言(へんげんせきげん)、一言半句(いちごんはんく)
変成男子(へんじょうなんし)女性が仏になる時は男性に変わるということ。
変態百出(へんたいひゃくしゅつ)形や姿を次々に変化させること。
偏袒扼腕(へんたんやくわん)激しく怒ったり悔しがったりするさま。
辺幅修飾(へんぷくしゅうしょく)外見を飾り、体裁をつくろうこと。
片利共生(へんりきょうせい)一緒に生活をしていながら、片方だけが利益を受けること。対義語:相利共生


四字熟語辞典 ・対義語・反対語辞典TOPに戻る