逆引き四字熟語/無駄

逆引き四字熟語

無駄に関する四字熟語


掉棒打星(とうぼうだせい) 棒を振り回して夜空の星を打ち落とそうとする意から、無駄な労力を使うこと。また、事が思い通りにならず、もどかしいこと。

屋上架屋(おくじょうかおく) 無意味な重複、無用のことをするたとえ。

画蛇添足(がだてんそく)余計なことや無駄なことをすること。

夏炉冬扇(かろとうせん) 時期はずれで無用のもの。役に立たない物や能力をいう。

翫歳愒日(がんさいかいじつ) 無駄に月日を過ごすこと。

曠日弥久(こうじつびきゅう) 無駄に日時を費やし、事を長引かせること。

蹉跎歳月(さたさいげつ) 時間を無駄にして、むなしく過ごすこと。

尸位素餐(しいそさん) 自分の職責を果たさず、無駄に給料を貰い食っていること。

酒嚢飯袋(しゅのうはんたい) 飲んだり食べたりするだけで、無駄に月日を送る人をののしっていう言葉。

吹影鏤塵(すいえいろうじん) 影を吹いたり、塵に刻みほろうとする意から、無駄な努力。やりがいのないことのたとえ。

精衛填海(せいえいてんかい) 不可能なことを企てて、結局それが無駄に終わること。

対牛弾琴(たいぎゅうだんきん) 牛に琴を弾き聞かせる意から、なんの効果もなく無駄なこと。

懲羹吹膾(ちょうこうすいかい) 羹(あつもの)に懲りて膾を吹く。一度の失敗に懲りて無駄な用心をすること。

凋氷画脂(ちょうひょうがし) 氷に彫り、あぶらに画く意で、苦労しても効果のないこと。また、力を無駄に使うことのたとえ。

無駄方便(むだほうべん) 一見なんの役にも立たないように見えるものでも、なにかの役に立っている場合があるということ。

羅綺千箱(らきせんばこ) 高価な服を千箱持っていても、一度にまとえるのは一着に過ぎない。転じで、無駄な贅沢のこと。



四字熟語辞典 ・対義語・反対語辞典TOPに戻る